HARTGE(ハルトゲ)   BMW  MINI(ミニ)   tuninng(チューニング) パーツ コンプリートカー




車を愛する日本の皆様方に。

 日本の皆様方に、ハルトゲ・ジャパンを設立するというご挨拶ができることを心から光栄に思います。なによりも日本は、モータリゼーションの先進国であり、世界有数の自動車生産国でもあります。車についての高度な知識と洗練された趣味をもつ日本の皆様にむけて、私どもが手塩にかけて創りあげたハルトゲ社製品を直接お届けできるようになるのは、身が引き締まる思いがします。 

 私自身、レースドライバーとして1969年から数多くのレースに参加してきました。フォーミュラV、ツーリングカーレースなどですが、レースで得た貴重な経験をつねに車づくりにフィードバックすることで、ハルトゲのパフォーマンスに磨きをかけてきたのです。いまでは、チューニングに関しては世界でも屈指の技術力をもつメーカーになったと自負しております。 願わくば、私どものハルトゲ・ジャパンが日本の心あるユーザーの皆様方から温かく受け入れられますことを祈念して、筆をおきます。 2001年1月吉日
HERBERT HARTGE GmbH&Co.KG
president Herbert Hartge

HARTGE

1971

ドイツ Saarland州 MerzigにHARTGE KG創立。
BMWのチューニング業務を開始。

創始者のHerbert Hartge自らBMW 2002のステアリングを握り、
幾多のレースで優勝・表彰台を手にする。

1974

ドイツ Saarland州 Beckingenに会社を移転。
10,000m2の敷地に5,000m2の工場と2,000m2の倉庫を有する
BMW各モデルのチューニングパーツを開発、販売を開始。

1974
5シリーズ(E12)と3シリーズ(E21)そして2002のパーツの開発及び販売開始。
1977
6シリーズ(E24)パーツの開発及び販売開始。
1978
5シリーズ(E28)パーツの開発及び販売開始。
DESIGN E
DESIGN E
DESIGN D
DESIGN D
1985

KBA (ドイツ政府自動車局)により自動車製造業者としての
許可を受け,自動車メーカー・ハルトゲとなる。
以降、各モデルのコンプリートカー並びにパーツの開発・販売を
続けている。

1988

E30 M3にて数々のラリーに参戦。
レースからフィードバックされた技術を
ストリート向けのパーツ開発に惜しみなく投入。

1998
クーリングタワーでの当時の最新テストで、毎分14000回転、最高1000kwという驚異的なエンジンパフォーマンスを記録。
1999
X5(E70),Z8パーツの開発及び販売開始。
2001
これらのすべてを礎として、ハルトゲ・ジャパン設立。7シリーズ(E65)パーツの開発及び販売開始。
2002
MINIパーツの開発及び販売開始。
2003
  • ハルトゲ・ジャパン 第37回東京モーターショーに出展。
  • Z4(E85),5シリーズ(E60)パーツの開発及び販売開始。
2004
  • 6シリーズ(E63)パーツの開発及び販売開始。
  • X3(E83)パーツの開発及び販売開始。
2006
「UNION JACK」発表。
2012
「ULTIMA/ULTIMA FORGED」発表。
NOVA 7/5/3
NOVA 7/5/3
CLASSIC
CLASSIC
UNION JACK
UNION JACK
CLASSIC II
CLASSIC II
2017

「ULTIMA」に新たなファインチューンを施し、
サイズラインナップを見直した、新生「ULTIMA」を発表。

会社名
HARTGE JAPAN by TSM Co,.Ltd.
設立年月日
1990年
資本金
2,000万円
代表者
代表取締役 綱島 敏也
主な事業内容
ハルトゲブランドの既製品の卸販売
所在地
〒224-0053 神奈川県横浜市都筑区池辺町4838-1
電話番号
03-6425-2333(代表)
FAX番号
03-6425-2666
E-mail
info@hartge.co.jp
マニュファクチャラー
としての情熱と自信。
・・・ハルトゲヒストリー
1971年
ヘルベルト・ハルトゲ社という小さな会社がドイツ・ザールラント州の地方都市メルツィヒに生まれた。
1974年
1974年 会社はベッキンゲンに移転した。敷地はおよそ10,000平方メートル。そこに5,000平方メートルの工場と2,000平方メートルの倉庫を構え、25人の熟練したアルチザン(技術者)が開発・デザインから製造までのプロセスに従事している。5シリーズ(E12)と3シリーズ(E21)そして2002のパーツの開発及び販売開始する。
1977年
6シリーズ(E24)パーツの開発及び販売開始する。
1978年
5シリーズ(E28)パーツの開発及び販売開始する。
1978年
BMWフルラインのチューニングを始める。ハルトゲが最も重点をおいている部分は、エンジニアリングと機能であるが、その、ハルトゲ伝統のパワフルなエンジンは類をみないほど幅広いラインナップを誇る。316iの2.1リットル、3や5シリーズの3.5リットル、コンパクト、Mロードスター、Mクーペ、3(E46)・5や7シリーズの4.7リットルと5.0リットル、7や8シリーズの6.0パワーブランドまで。またエアロパーツとアルミホイールのスタイリングにも定評があり、根強い人気を誇る。ハルトゲの生産ラインはほとんどすべてのBMWモデルをカバーできる品揃えの豊富さで有名だ。ドイツと海外24カ国の市場でハルトゲ社製品はユーザーに直接販売される。
1983年
3シリーズ(E30)パーツの開発及び販売開始する。
1985年
KBA{ドイツ政府自動車局}により自動車製造業者としての許可を受け,自動車メーカーとしてのハルトゲの誕生である。
1986年
7シリーズ(E32)パーツの開発及び販売開始する。
1988年
5シリーズ(E34)パーツの開発及び販売開始する。
1989年
8シリーズ(E31)パーツの開発及び販売開始する。
1991年
フランス・ルノー社がルノー・サフランをベースにした豪華サロンカーの開発をハルトゲ社に依頼した。3シリーズ(E36)パーツの開発及び販売開始する。
1993年
7シリーズ(E38)パーツの開発及び販売開始する。
1994年
1996年半ばまで800を超えるハイターボエンジンを組み立てて供給していた。これにより、ハルトゲが単なるチューニングメーカーでなく、自動車業界の品質基準をクリアする優れた自動車製造業者であることを証明された。
1995年
Z3パーツの開発及び販売開始する。
1996年
5シリーズ(E39)パーツの開発及び販売開始する。
1998年
クーリングタワーでの最新テストで、毎分14000回転、最高1000kwという驚異的なエンジンパフォーマンスを記録。
1999年
X5パーツの開発及び販売開始する。Z8パーツの開発及び販売開始する。
2001年
これらのすべてを礎として、ハルトゲ・ジャパンは設立されスタートした。7シリーズ(E65)パーツの開発及び販売開始する。
2002年
MINIパーツの開発及び販売開始する。
2003年
ハルトゲ・ジャパン 第37回東京モーターショーに出展。Z4パーツの開発及び販売開始する。5シリーズ(E60)パーツの開発及び販売開始する。
2004年
6シリーズ(E63)パーツの開発及び販売開始する。
X3パーツの開発及び販売開始する。